先輩からのメッセージ

一足先に思いを叶えた先輩が、自身の体験を語ります。

ヤマザキマザック株式会社

文学部 日本語日本文化学科
近現代文化コース 2021年3月卒業
野田 実花さん

自由に深く学べた4年間。
挑戦する心を、これからも。

強く印象に残っているのは、茶道やいけばな、お香など伝統芸道を体験しながら学べたことです。日本文化を深く理解できました。また多くの書物を通じて、物事の見える部分だけを読み取るのではなく、背景や効果を論理的に分析する力も養えたと感じています。さらに学芸員と司書、2つの資格を取得し、さまざまな検定にも挑戦。幅広い分野を個性的な仲間と学び、多角的な視点が育ちました。就職先も、この学科のように自由に挑戦ができる会社です。海外での売り上げがシェアの大半を占めるため、TOEICなど新たな勉強にも挑戦し、成長し続けたいと思います。

文学部 日本語日本文化学科 近現代文化コース 2021年3月卒業 野田 実花さん

トヨタ自動車株式会社

文学部 英語英米文化学科
英語研究コース 2021年3月卒業
エアラインプログラム受講
キッズ・イングリッシュ・プログラム受講

近藤 ひかるさん

親身な指導と留学のおかげで
未来に挑戦できる自分に。

親身な先生のもとで、向上心が強い仲間と切磋琢磨できる恵まれた環境でした。英語力のほかに磨くことができたのは、プレゼンテーション能力です。演習を通して、事前資料や構成のつくり方などを基礎から指導していただいたおかげで、ビジネス英語を使ったプレゼンテーションができるようになりました。また、1年間アメリカに留学した経験は、就職先を考えるきっかけにも。多くのトヨタ車を見かけ、現地の友人も「トヨタの車は丈夫ですばらしい」と話してくれたんです。世界から必要とされる会社で、常に成長をめざして挑戦を続けたいと思います。

文学部 英語英米文化学科 英語研究コース 2021年3月卒業 近藤 ひかるさん

名古屋トヨペット株式会社

文学部 外国語コミュニケーション学科
2021年3月卒業
仲田 京華さん

培った語学力や発言力が、
新たな目標に向かう糧に。

元気な学科で成長し続け、とても充実した4年間でした。共に学ぶ仲間は意識が高く良い刺激をくれましたし、先生や先輩はどんな迷いや疑問にもていねいに向き合って教えてくださいました。想像以上だったのは、授業がとても実践的だったこと。自主的に発言できる場が常にあるため、語学力に加えて積極性や思いを伝える力も磨けました。これらの力は、インターンシップや就職活動でも実感でき、魅力ある企業から内定をいただけました。地域に寄り添った活動を進め、お客さまの思いをくみ取ったサービスで絆をつくりたいと、新たな目標に燃えています。

文学部 外国語コミュニケーション学科 2021年3月卒業 仲田 京華さん

一般財団法人
ヤマハ音楽振興会(ヤマハ音楽教育システム講師)

文学部 音楽芸術学科
ピアノコース 2021年3月卒業
池上 朋子さん

貴重な経験と授業での学びが
音楽の奥深さを伝える力に。

ピアノのレッスンや「ピアニストのための脱力法」などの授業でピアノ奏法に本気で取り組んだことが「ガラコンサート」への出演という結果につながり、プロのオーケストラとのコンチェルト協演という貴重な経験ができました。また「ピアノ指導法」では子どもへの接し方や実践的な指導手法を、「ヤマハグレード取得講座」では初見演奏のコツや即興演奏のノウハウを学び、難関のヤマハ演奏グレード2級も取得することができました。金城での貴重な経験と授業での学びを生かし、今度はヤマハシステム講師として、一人ひとりの生徒に音楽の奥深さ、演奏の喜びを伝えていきたいと思います。

文学部 音楽芸術学科 ピアノコース 2021年3月卒業 池上 朋子さん

株式会社名古屋銀行

生活環境学部 生活マネジメント学科
ファイナンシャルプランナー養成コース 2021年3月卒業
永見 あるるさん

前向きに学び磨いた知識で、
多くの人の生活を豊かに。

将来の生活を豊かにするために大切なことばかり学べました。中でも興味を持ったのは、ファイナンシャルプランナーに関する授業。知識が増えるほどに学ぶことが楽しくなり、2年次からAFP認定研修プログラムを受講しました。先生が週末も教室を開放して質問を受けつけるなど手厚く指導してくださったおかげで、2年次のうちに3級と2級の両方に合格!この知識を生かして金融機関での法人営業に携わりたいと思うようになりました。今後もさらに勉強して中小企業診断士の資格を取得し、多くの人の生活を豊かにする提案ができる人をめざします。

生活環境学部 生活マネジメント学科 2021年3月卒業 永見 あるるさん

クリナップ株式会社

生活環境学部 環境デザイン学科
空間デザインコース 2021年3月卒業
清水 萌江さん

磨いた個性と専門知識で頼られる営業職に。

ずっと興味があった建築やインテリアについて一から学び、個性も磨くことができました。頭の中で思い描く空間イメージを形にすることに苦心しましたが、同じ課題でも一人ひとりコンセプトから異なる仲間の作品を見て刺激を受け、授業後も切磋琢磨。さらに「空間デザイン実習」では、考えた図面をポイントと共にわかりやすく、魅力的に伝えるプレゼンテーション能力も身につけられました。この能力は営業職に役立つはず。金城で磨いた専門知識を生かして商品の魅力をしっかりと伝え、お客さまからも社員からも頼られる人になりたいと思います。

生活環境学部 環境デザイン学科 空間デザインコース 2021年3月卒業 清水 萌江さん

公益社団法人 日本海員掖済会
名古屋掖済会病院(管理栄養士)

生活環境学部 食環境栄養学科
2021年3月卒業
北村 まこさん

新たな知見を正しく検証し、
より適した栄養管理を。

設備が整ったきれいな校舎で、同じ目標を持つ仲間と前向きに学べる恵まれた環境でした。さまざまな実習を通して、栄養バランスが整った和・洋・中の料理を多数つくるほか、ライフステージや病態に合わせた献立づくりや栄養指導を実践できました。就職先を志した理由は、この両方のスキルを生かせるから。患者さんの臨床栄養管理と、院内の社員食堂での給食経営管理を担当させていただきます。栄養学は新たな知見がどんどん生まれる学問なので、身につけた知識に満足することなく勉強し続け、幅広い対象者に適する栄養管理を追求したいと思います。

生活環境学部 食環境栄養学科 2021年3月卒業 北村 まこさん

興和株式会社

国際情報学部 国際情報学科
グローバルスタディーズコース 2021年3月卒業
小谷 慧和さん

経験を通して五感で学ぶ。
強い興味が夢を叶える力に。

KITをはじめとして、貴重な経験をたくさん積みながら、五感で学ぶことができました。またこの学科のカリキュラムの魅力は、幅広い分野が学べること。視野を広げてから専門分野を絞り、知識を深めることができるんです。私はアメリカの社会や経済に興味を持って学び、探究心が芽生えたことを実感。「もっと詳しく知りたい、その知識を伝えたい」という強い思いが生まれ、調査力や思考力、プレゼンテーション能力が磨かれました。就職先は、国内外に事業を拡大する会社。高校生の頃に思い描いた「世界を相手にビジネスをする」という夢を叶えます!

文学部 音楽芸術学科 管楽器コース 2021年3月卒業 小谷 慧和さん

株式会社クラッキ

国際情報学部 国際情報学科
メディアスタディーズコース 2021年3月卒業
内田 絵理香さん

「伝える」ことに責任を持ち、
前向きに突き進みたい。

「伝える」ことに真剣に向き合った4年間でした。授業では研究成果や経験を発表する機会が多かったため、予備知識のない人にも理解できるようにまとめる力や、聴衆の表情を見て伝わるように話す力が磨かれました。職業観に影響を与えてくれたのは、「ジャーナリズム論」。東日本大震災時のメディアの話を伺い、情報を伝える難しさと共に、その重要性や責任も感じました。さらにゼミで環境汚染問題を調査して、「この現状を私が伝えなくては」という強い気持ちに。テレビ番組制作に携わることになったので、今後もこの思いを突き詰めていきます。

国際情報学部 国際情報学科 メディアスタディーズコース 2021年3月卒業 内田 絵理香さん

愛知県小学校教員

人間科学部 現代子ども教育学科
小学校・中学校(英語)教員養成コース 2021年3月卒業
岩井 桃花さん

豊かな経験を生かして、
心も育てられる先生に。

実践的で楽しい授業ばかりでした。例えば模擬授業は、教科ごとに指導案をつくる過程から何度も行ったため度胸がつき、教室内に響く声の大きさなど細かなテクニックも磨かれました。また小学校でのボランティアや、アメリカで子どもとふれあう研修など、教育現場での経験も豊富にあったので、先生をめざす気持ちは高まりました。ゼミでは、手遊びやゲームを取り入れるなど英語を楽しく学べる活動を実践。本格的に英語教育が導入された小学校で役立つはずです。笑顔であたたかく子どもたちを包み込み、自分自身を好きになれる心を育てたいと思います。

人間科学部 現代子ども教育学科 小学校・中学校(英語)教員養成コース 2021年3月卒業 岩井 桃花さん

東海旅客鉄道株式会社

人間科学部 多元心理学科
2021年3月卒業
新竹 由佳さん

好機をつかむ心理学で、
会社に貢献できる人に。

心理カウンセラーに興味があり入学したのですが、ユニット制で広く学んだ結果、社会心理学ユニットをメインに選択しました。例えば、譲歩的要請法と呼ばれる「ドア・イン・ザ・フェイス」や段階的要請法と呼ばれる「フット・イン・ザ・ドア」などは、うまく活用すれば人とのコミュニケーションや仕事において大きな武器になりますが、知らなければ自分が翻弄される危険性もあります。学科で学んだ心理学を生かして、周りの要求をくみとったうえで自分にできることは何かと考え、相手の信頼を得て、延いては会社に大きく貢献できる人材になることが目標です。

生活環境学部 生活マネジメント学科 教員・公務員養成コース 2021年3月卒業 新竹 由佳さん

愛知県職員(社会福祉)

人間科学部 コミュニティ福祉学科
2021年3月卒業
佐藤 三紗さん

相談者の現状を受け止め、
一緒に解決に向かう行動を。

「福祉とは、隣の人を考えることだよ」という先生の言葉が、福祉のイメージを変えてくれました。社会福祉士国家試験に向けて学ぶ中で印象深かった授業は、「社会福祉援助技術論」。社会福祉におけるさまざまな理論を学び、相談者の悩みの本質をとらえるためには広い視点から考えることが必要なのだと知りました。また、スポーツ経験を生かして学びを広げ、初級障がい者スポーツ指導員も取得。興味あることすべてを学べました。相談援助にあたる専門職として、困っている人の現状をしっかりと受け止め、解決に向かって行動できる人でありたいと思います。

人間科学部 コミュニティ福祉学科 2021年3月卒業 佐藤 三紗さん

岡崎市民病院(薬剤師)

薬学部 薬学科
2021年3月卒業
渡辺 瑞季さん

さらに研究を深め、
頼られる感染制御専門薬剤師に。

卒業研究で学会発表に2度も参加できたことは、私を大きく成長させてくれました。友人と意識を高め合って研究を深められたことに加えて、伝わる発表の仕方まで先生はていねいに教えてくださいました。専門知識がない人も理解できるようポイントを押さえたまとめ方や話し方、ポインターの使い方などは、就職後も学会発表を重ねて感染制御専門薬剤師をめざす私には必要なスキルです。まずは幅広い知識を身につけてジェネラリストとなり、「この分野に関することは渡辺さんに聞けば大丈夫」と頼られる薬剤師になることが将来の目標です。

薬学部 薬学科 2021年3月卒業 渡辺 瑞季さん
  1. TOP
  2. 資格・就職
  3. 先輩からのメッセージ