先輩からのメッセージ

一足先に思いを叶えた先輩が、自身の体験を語ります。

トヨタ自動車株式会社

文学部 日本語日本文化学科 古典文化コース 2018年3月卒業
鬼頭 采伽さん
愛知県 桜台高等学校出身

大好きな古典をとことん学び、
理想の進路も叶えられました。

大好きだった古典をとことん学びたいという気持ちでこの学科を選びました。茶道やいけばななどの伝統文化も体験でき、学科での学びは想像以上に充実していました。一方で、入学当初は将来について、少し不安な気持ちもありました。それでも先生方からのアドバイスや、学科独自のキャリアについて考える科目「日文キャリア」など、恵まれたキャリア支援体制のおかげで、少しずつ不安は消え、「仕事も子育ても頑張る女性でありたい」と思うようになりました。古典を学びたいという思いと将来の夢、どちらも叶えることができ、この学科で学べたことに感謝しています。

文学部 日本語日本文化学科 2018年3月卒業 鬼頭 采伽さんさん 愛知県 桜台高等学校出身

警視庁(警察官)

文学部 日本語日本文化学科 古典文化コース 2018年3月卒業
近藤 朱里さん
愛知県 津島東高等学校出身

情報を得る力と伝える力は、
どんな仕事でも役立つスキル。

授業では、聞いて・書いて・まとめて・プレゼンテーションする、という機会がたくさんありました。例えばゼミでは、与えられた課題作品について、データベースや図書館の資料を駆使して調べ、発表するときは、ただ概要を話すのではなく、どうすれば作品の魅力を伝えることができるかを意識し、工夫して話すよう心がけました。このような経験の積み重ねで、必要な情報を得る力とそれを人にわかりやすく伝える力が身につきました。これはどんな仕事でも必要とされる力であり、この学科の卒業生が幅広い業界で活躍できている理由のひとつだと思います。

>文学部 日本語日本文化学科 2018年3月卒業 近藤 朱里さん 愛知県 津島東高等学校出身

株式会社デンソー

文学部 英語英米文化学科 英語研究コース
英語スペシャリスト養成プログラム受講 2018年3月卒業
梅津 晶子さん
愛知県 岡崎北高等学校出身

世界の同僚や取引先と、
円滑に仕事をする力が身につきました。

英語スペシャリスト養成プログラムの「通訳演習」では、世界のニュースや大統領のスピーチなどを題材とし、逐次通訳や同時通訳を実践的に行いました。英語そのものだけでなく、世界と日本の文化の違いも学べ、多様な視点で物事を考えられるようになりました。内定先はグローバルに展開する企業であるため、国籍の違う人たちと仕事をする機会があります。電話会議や資料作成することにも学科で鍛えた英語力が役立ちますし、さらにこの視点が身についているので、文化や考え方が違う人たちとも円滑に仕事をすすめることができると思います。

文学部 英語英米文化学科英語研究コース 2018年3月卒業 梅津 晶子さん 愛知県 岡崎北高等学校出身

日本航空株式会社(客室乗務職)

文学部 英語英米文化学科 英米文化研究コース 
エアラインプログラム受講 2018年3月卒業
下村 華奈さん
三重県 メリノール女子学院高等学校※出身
※現 四日市メリノール学院高等学校

お客さまに感動していただける
おもてなしをめざして。

小学生の頃からの夢がかなえられたのは、何といっても「エアラインプログラム」のおかげです。航空ビジネスの知識、英語でのコミュニケーション、サービスのあり方についてなど実践的なスキルを身につけられます。例えば機内販売では、ただ商品の注文を受けて販売するのではなく、どなたへの、何のためのプレゼントなのかなど、お客さまとの会話の中から少しずつご要望を汲み取っていく力が求められると知り、おもてなしの難しさとやりがいを実感しました。エアラインプログラムの先生のように、人を心から感動させるようなおもてなしが自然にできるよう、これからも努力を続けます。

文学部 英語英米文化学科 英米文化研究コース エアラインプログラム受講 2018年3月卒業 下村 華奈さん 三重県 メリノール女子学院高等学校※出身 ※現  四日市メリノール学院高等学校

セキスイハイム中部株式会社

文学部 外国語コミュニケーション学科 2018年3月卒業
杉村 和香さん
愛知県 熱田高等学校出身

学科で磨いた“わかりやすく伝える力”が
接客に役立ちます。

外国人の先生が担当の英語やドイツ語の授業では、日本語をあまり話せない先生とコミュニケーションを取るために、自分が言いたいことを相手に伝えるためにはどうしたらよいか?と考えながら話していました。この経験から“人にわかりやすく伝える力”が身につきました。この力は、例えば住宅に関する知識がまだ少ないというお客さまが来店されたときに、どのように話せば住宅の魅力を感じていただけるかを考え、話す力になると思います。仕事で外国語を使う機会は少ないのですが、学科で鍛えたコミュニケーション力は接客の際大いに役立つと考えています。

文学部 外国語コミュニケーション学科 2018年3月卒業 杉村 和香さん 愛知県 熱田高等学校出身

岐阜県中学校教員(英語)

文学部 外国語コミュニケーション学科 2018年3月卒業
佐竹 美穂さん
岐阜県 大垣日本大学高等学校出身

生徒たちに、英語でコミュニケーションする
素晴らしさを伝えたい。

高校時代に英語のスピーチコンテストで準優勝し、その副賞としてイタリアへの海外研修に参加しました。そこで驚いたのが、他の国から集まった学生たちの英語力の高さでした。なぜこんなにも英語力に違いがあるのだろうと感じました。その一方で、英語で、世界中の人たちとコミュニケーションできる素晴らしさも実感。そんな経験から、英語の魅力を伝えていきたいと思い、英語教員をめざすことにしました。春から教員として働きますが、生徒に夢を実現することの大切さを伝えるとともに、自分自身も日々新たな目標に向かって、成長し続けたいです。

文学部 外国語コミュニケーション学科 2018年3月卒業 佐竹 美穂さん 岐阜県 大垣日本大学高等学校出身

愛知県中学校教員(音楽)

文学部 音楽芸術学科 管楽器コース
音楽教員育成プログラム受講 2018年3月卒業
藤井 優香さん
愛知県 明和高等学校 音楽科出身

体験レッスンから始まった、
感動と充実の金城ライフ。

金城との出会いはオープンキャンパスでの体験レッスン。フルートの磯貝先生は、たった一回のレッスンで私の技術的な課題をすべて見抜き、言い当ててくれました。そして、磯貝先生の指導を求めて入学した私をさらに驚かせたものは、次々と繰り出される充実の授業。幼児教育のためのもの、と思い込んでいた「リトミック」では、演奏者の五感を研ぎ澄ますことを学び、役柄になりきって演じる「自己表現トレーニング」では、自分の殻を打ち破って表現することを学びました。また、中学校に赴いて部活の吹奏楽の指導を体験する「吹奏楽指導法」では自分の指導で生徒の音が変わる喜びを味わい、プロの奏者に加わって演奏する吹奏楽コンサートでは、音楽に向き合うプロの気迫を体感することができました。こうして、4年間の学びの集大成として挑んだ中学校の教員採用試験に晴れて合格!将来は他学部他学科履修制度で取得した小学校免許※も生かせたらと思っています。

文学部 音楽芸術学科 音楽教員育成プログラム受講 2018年3月卒業 藤井 優香さん 愛知県 明和高等学校 音楽科出身

愛知県小学校教員

文学部 音楽芸術学科 ピアノコース
音楽教員育成プログラム受講 2018年3月卒業
髙橋 愛梨さん
愛知県 高蔵寺高等学校出身

充実の実技レッスンと教育プログラム、
さらに他学部他学科履修で小学校免許も!

中学の音楽教員をめざしていた私は、一般企業への就職の可能性も考えて金城へ。入学後に参加したガイダンスで、小学校の教員免許も取得できる道があることを知りました。そして志を同じくする仲間と小学校免許取得のための授業にも参加。音楽芸術学科の授業やレッスンに加え、小学校免許取得に必要な数多くの授業を受講するハードな毎日が始まりました。やがて小学校への興味が強くなり、小学校の教員採用試験を受けることを決意した私を支えてくれたのは、大学の手厚いサポートと親身で面倒見の良い先生方、そして励まし合える仲間たちです。大学による精度の高い採用試験対策講座や模擬試験をはじめ、教職担当の先生が主宰する教職サークルでは、採用試験に合格した先輩から面接試験のアドバイスを頂いたり。採用が決まってからは、自分が後輩に面接のアドバイスを行っていました。
※資格取得は他学部他学科履修制度によるものです。履修状況などにより、取得できない場合もあります。

文学部 音楽芸術学科 ピアノコース 音楽教員育成プログラム受講 2018年3月卒業 髙橋 愛梨さん 愛知県 高蔵寺高等学校出身

豊島株式会社

生活環境学部 生活マネジメント学科 2018年3月卒業
黒田 真由さん
岐阜県 各務原高等学校出身

学科での学びが、
女性としての生き方を見つめ直すきっかけに。

「ファイナンシャルプランニング」では、架空の家族データに基づいて、車や家を買う時期など、家族のビッグイベントを視野に入れ、保険の見直しなどを含めた提案書を作成しました。保険や年金などの知識が身につくと同時に、何気なく生活している日常をあらためて考えることで、生活設計の重要性を実感。自分の将来について具体的に考え始めるきっかけになりました。この学科では、女性の働き方や人生にかかるお金など、身近な生活に関わることを幅広く学べたので、自然と「結婚しても働き続け、仕事と家庭を両立できる女性になりたい」という気持ちが高まりました。

生活環境学部 生活マネジメント学科 メディアスタディーズコース 2018年3月卒業 黒田 真由さん 岐阜県 各務原高等学校出身

みずほフィナンシャルグループ

生活環境学部 生活マネジメント学科 2018年3月卒業
山口 華奈さん
愛知県 成章高等学校出身

お客さまの“生活”をいちばんに考える。

この学科は「消費者」と「生活」という視点から人生について学べる点が強みだと思います。金融の知識だけでなく、ライフプランニングをはじめとした“生きる術”が身につき、生活と学びが一致しています。私は、AFP認定研修プログラムも受講し、3年次には2級ファイナンシャル・プランニング技能士に合格することができたので、就職活動への自信にもつながりました。これまで学んだ知識を生かし、お客さまの生活を誰よりも考えて行動できる社会人になりたいと思っています。

生活環境学部 生活マネジメント学科 2018年3月卒業 山口 華奈さん 愛知県 成章高等学校出身

株式会社滝善

生活環境学部 環境デザイン学科
アパレル・ファッションコース 2018年3月卒業
小出 千雅さん
愛知県 杏和高等学校出身

ファッションに関わる
仕事に就く夢が叶いました。

子どもの頃から服が好きだったので、「将来はファッション関係の仕事をしたい」と考えていました。この学科ではドレスなどの制作だけでなく、材料やファッションビジネスにいたるまで、ファッションについて全体的に学べました。幅広い分野を学ぶうち、自分の興味がテキスタイルの染色や織物に向いているとわかり、就職先もニット素材の製造・販売をする会社を選びました。テキスタイル材料学に関する授業、さまざまな実験を通じて得た繊維についての専門知識を生かし、お客さまに合った提案をしていきたいと思っています。

生活環境学部 環境デザイン学科 アパレル・ファッションコース 2018年3月卒業 小出 千雅さん 愛知県 杏和高等学校出身

三井ホーム株式会社

生活環境学部 環境デザイン学科 住宅・都市環境コース※
2018年3月卒業
西村 美紀さん
岐阜県 岐阜高等学校出身
※現 空間デザインコース

暮らしのアイデアを形にする喜びを知り、
設計に夢中に。

私がこの学科に入学したのは、「建築を学びたい」と強く思っていたというよりも、「ものづくりやデザインが好き」という思いがあったからでした。女子だけという環境のなかで、生活環境学というアプローチから建築や工学を学んだことは、とても貴重で楽しい経験でした。実際に手を動かし、自分の頭に浮かんだものを形にできるチャンスがあり、ものづくりの喜びを知り、どんどん建築に夢中になっていきました。この学科で住宅や美術館などさまざまな課題に取り組んで身につけた設計の考え方・技術を生かして、お客さまのご要望に合う素敵な家をつくっていきたいと思っています。

生活環境学部 環境デザイン学科 住宅・都市環境コース※ 2018年3月卒業 西村 美紀さん 岐阜県 岐阜高等学校出身 ※現 空間デザインコース

株式会社名給(管理栄養士)

生活環境学部 食環境栄養学科 2018年3月卒業
坂田 綾花さん
三重県 四日市南高等学校出身

学生時代に食の現場を経験でき、
進路選びにもつながりました。

「給食経営管理実習」という授業では、現場さながらの最新設備で実習を行うことができました。食材の検収や発注の方法、大量調理での衛生管理を経験し、管理栄養士は総合的なマネジメント力が必要だと実感しました。また、私はゼミでさまざまな企業とのコラボレーション企画に参加させていただき、メニュー開発を体験。多くの人と関わることができる卸売業に興味を持ちました。内定先の企業では、学校給食や産業給食、介護食などでさまざまなメニューを考案していますが、この実習での経験が、季節や提供数、調理環境まで考えたメニュー提案につながると思っています。

生活環境学部 食環境栄養学科 2018年3月卒業 坂田 綾花さん 三重県 四日市南高等学校出身

社会医療法人 明陽会 成田記念病院(管理栄養士)

生活環境学部 食環境栄養学科 2018年3月卒業
古田 裕子さん
愛知県 春日井高等学校出身

予防医療の最前線で、
人の健康寿命を支える存在になりたい。

この学科で学ぶうち予防医療分野に興味を持ち、疾病を未然に防ぎ健康寿命の延伸をサポートする管理栄養士になりたいと考えるようになりました。病院での臨地実習の際、管理栄養士の先生が「食事改善での健康維持には限界がある。これからは食事改善+運動を組み合わせた指導が必要」とおっしゃっていました。確かに「食習慣は変えられないけど運動は好き」「運動は苦手だけど食事には気をつけている」など健康に対する意識は人それぞれです。さまざま気持ちを尊重しながら「食習慣も変えて運動してみよう」と思ってもらえるような保健指導者をめざします。

生活環境学部 食環境栄養学科 2018年3月卒業 古田 裕子さん 愛知県 春日井高等学校出身

株式会社JTB

国際情報学部 国際情報学科 
グローバルスタディーズコース 2018年3月卒業
高田 莉紗子さん
静岡県 日本大学三島高等学校出身

旅行会社で働く自分の姿を
具体的にイメージできました。

「観光プログラム」では、旅行会社の現役社員の方が講師となる授業があります。ツアーを組む際は、スケジュール管理やターゲットの設定はもちろんですが、現地でのトラブルの対処法まで考えたり、「1万円」と「9,900円」というツアー代金では、たった100円の違いでも、「9,900円」の方がお客さまの興味をかき立てる力が大きいため、費用面での検討をしたりと、たくさんの工夫と準備で成り立っていることを実感しました。旅を提供する側に立って一連の流れを体験できたことで、旅行会社で働くことを具体的に考えることができ、就職活動にも役立ちました。

>国際情報学部 国際情報学科 グローバルスタディーズコース 2018年3月卒業 高田 莉紗子さん 静岡県 日本大学三島高等学校出身

全日本空輸株式会社(客室乗務職)

国際情報学部 国際情報学科 
グローバルスタディーズコース 2018年3月卒業
森 美里さん
岐阜県 飛騨高山高等学校出身

語学だけでなく、
文化を学んだからこそできるおもてなしを。

「異文化間コミュニケーション」という授業では、国が違う人とのコミュニケーションだけが異文化なのではなく、自分と違う価値観を持っている人すべてが異文化である、という考え方を学びました。グローバル化が進む現代社会では、日本だけに目を向けていては社会から遅れをとってしまいます。この学科では、世界に目を向けることで、今まで気づいていなかった日本の良さや魅力に気づくことができました。飛行機を利用されるお客さまは、目的も文化もさまざまです。どんなお客さまにも寄り添ったサービスができるような、おもてなしのプロフェッショナルをめざします。

国際情報学部 国際情報学科 グローバルスタディーズコース 2018年3月卒業 森 美里さん 岐阜県 飛騨高山高等学校出身

株式会社IMAGICA(クリエイティブスタッフ)

国際情報学部 国際情報学科
メディアスタディーズコース 2018年3月卒業
小楠 真里亜さん
静岡県 浜松湖南高等学校

皆の個性と創造力にふれ、
スキルと発想力が磨けました。

実践的な授業がたくさんあり、貴重な経験が積めた4年間でした。私は映像の編集を中心に学んでいましたが、映像そのものを学ばない授業からも多くの学びや発見がありました。例えば「Web制作技術」や「アニメーション技術」では、作業工程やその分野でできることを知ることで、映像編集にどのように活用できるかを考えることができ、作品の幅を広げられました。また、自分たちで考え、制作し、発表するという授業がたくさんありました。他の学生の作品から、自分では発想できない創造性を目の当たりにして、驚くとともに、センスを広げる手助けになったと感じています。

国際情報学部 国際情報学科 メディアスタディーズコース 2018年3月卒業 小楠 真里亜さん 静岡県 浜松湖南高等学校

凸版印刷株式会社(企画職)

国際情報学部 国際情報学科
メディアスタディーズコース 2018年3月卒業
中谷 佳純さん
愛知県 豊田西高等学校出身

課題の本質を見抜き、
解決へ導く力が身につきました。

広告・マーケティングのゼミで学び、自分たちの企画が形になって世の中が動く喜びと達成感を知りました。中部国際空港との企画では、ゼミ長として「若者がもっとわくわくする場所にすること」を目標に、女性向けのお土産開発や冬のイルミネーション時期のイベントを企画。他にも瀬戸市で、女性陶磁器作家の知名度を上げて応援するために、パンフレット制作や展示会を開催、どの企画も大きな反響と成果を得ました。これらの経験から、課題の本質を見つめ、企画内容を粘り強く考え抜く力と、チームをまとめて企画を推進する力が身につき、卒業後の進路選びにつながりました。

国際情報学部 国際情報学科 メディアスタディーズコース 2018年3月卒業 中谷 佳純さん 愛知県 豊田西高等学校出身

神奈川県小学校教員

人間科学部 現代子ども学科※ 2018年3月卒業
佐々木 綾さん
長野県 飯田高等学校出身
※2019年4月、現代子ども教育学科に名称変更

子どもの成長を長い目でとらえることが、
進路選択にも役立ちました。

この学科は幼・保・小・中の4資格に対応しているため、「幼稚園と小学校、どちらの先生になるか迷っている」という人でも、学びの中で将来について考えることができます。私は小学校の教員という道を選びましたが、常に心がけているのは、児童に勉強を強制するのではなく、子どもたち自身が自然と前向きに取り組めるような関わり方をすることです。その際役立っているのが、保育や障がいについての授業で知った子どもとの接し方や前向きな声がけの仕方です。子どもの成長を長い目で学べたことが、小学校教員としての幅を広げてくれています。

人間科学部 現代子ども学科※ 2018年3月卒業 佐々木 綾さん 長野県 飯田高等学校出身 ※2019年4月、現代子ども教育学科に名称変更<

一宮市(保育職)

人間科学部 現代子ども学科※ 2018年3月卒業
中尾 美月さん
愛知県 五条高等学校出身
※2019年4月、現代子ども教育学科に名称変更

子どもの健やかな育ちと
保護者を支えられる保育士に。

保育の現場では、保護者支援も大切な仕事です。「保育相談支援」という授業では、さまざまな事例について、子育てに関する保護者の悩みをどういった姿勢で聞くのか、どう対応すれば良いのかを考えました。さらに、もっと心理についての理解を深めたいと思い、心理学関係の授業も積極的に受講し、認定心理士の資格も取得しました。これからも子どもたちを常に笑顔で見守り、ともに成長し、健やかな育ちをサポートしていきたいです。そしていつか子どもたちの中から、私と同じように保育士をめざす子が出てきてくれたら、こんなにうれしいことはありません。

人間科学部 現代子ども学科※ 2018年3月卒業 中尾 美月さん 愛知県 五条高等学校出身 ※2019年4月、現代子ども教育学科に名称変更<

大成建設株式会社

人間科学部 多元心理学科 2018年3月卒業
三瓶 真由子さん
愛知県 千種高等学校出身

人間関係のコツが学べ、
円滑なコミュニケーションを実現!

金城の多元心理学科は、ユニット制が採用されており、興味のあるユニットごとに学びを深めることができました。私はメインに社会心理学ユニットを、サブで健康心理学、キャリア心理学を選択しました。社会心理学ユニットの「対人心理学」という授業では、人から何かしてもらったら、自分も何かその人にしてあげたいと思う“好意の返報性”や自分に似ている部分がある人に好感を抱きやすい“類似性”など、人とのつながりにおける心理学を学びました。人付き合いにおいてのちょっとしたコツを知っていることで、円滑なコミュニケーションができていると実感しています。

人間科学部 多元心理学科 2018年3月卒業 三瓶 真由子さん 愛知県 千種高等学校出身

瀬戸市職員

人間科学部 多元心理学科 2018年3月卒業
山本 彩乃さん
愛知県 聖霊高等学校出身

心理学は、自分の考え方を
より豊かにしてくれる。

「組織心理学」という授業で、モチベーションをテーマに映画『ロッキー』の例を挙げてプレゼンテーションをしました。人に説明しようとすることで知識が自分のものになり、さらに人前での発表を重ねることでプレゼンテーションへの苦手意識もなくなりました。この学科を、「カウンセラーをめざす人が行く学科」と思っている人も多いと思いますが、心理学の学びは社会に出てから使えるものばかりです。ぜひ多元心理学科で学んで、あなたの人生をもっと豊かに、実りあるものにしてください。

人間科学部 多元心理学科 2018年3月卒業 山本 彩乃さん 愛知県 聖霊高等学校出身

東濃信用金庫

人間科学部 コミュニティ福祉学科 2018年3月卒業
小関 萌香さん
愛知県 小牧高等学校出身

めざしたのは、
地域社会に貢献できるソーシャルウーマン!

この学科では、福祉の専門知識やスキルを学ぶだけではなく、社会に貢献できるソーシャルウーマンになるためにはどうすればいいかについて、さまざまな福祉的観点から学ぶことができました。大学に入学するまでは「自分は地域のなかで生きている」ということを、それほど強く意識したことはありませんでした。しかし、幅広い福祉の分野を学ぶうちに、人はいつも他者と共存しているということに気づかされました。私が地域に根ざした信用金庫を就職先として選んだのも、ゼミで高齢者福祉について研究し、「地域と高齢者のみなさんの役に立ちたい」という目標ができたからです。

人間科学部 コミュニティ福祉学科 2018年3月卒業 小関 萌香さん 愛知県 小牧高等学校出身

中津川市役所(社会福祉士)

人間科学部 コミュニティ福祉学科 2018年3月卒業
古井 那実さん
岐阜県 中津商業高等学校出身

相談援助の基本と実践力が身につき、
現場でも活用できます。

「相談援助演習」という授業では、学生同士で相談者役と援助者役に分かれ、ロールプレイを行いました。その様子は映像に収め、後から観察します。すると自分の話すときのくせや、技法を取り入れる際の不自然な箇所など、さまざまな特徴を客観的に知ることができました。自分の特徴を理解したうえで、クライエントが自然に会話できるような雰囲気づくりをしなければならない相談援助はとても難しく、知識と経験が必要だと痛感しました。実際に技法を使う経験を学生のうちからできたことで、自分の成長につなげることができました。

人間科学部 コミュニティ福祉学科 2018年3月卒業 古井 那実さん 岐阜県 中津商業高等学校出身

豊橋市民病院(薬剤師)

薬学部 薬学科 2018年3月卒業
小西 見佳さん
愛知県 成章高等学校出身

強く、優しい薬剤師として
患者さんの力になりたい。

薬学を学べる大学は他にもありますが、金城の魅力はなんといっても面倒見の良さだと思います。先生と学生との距離が近く、どんなことでも親身に教えてくださる先生方ばかり。学びの成果が思うように出ずに悩んだときも、温かい励ましとていねいなご指導のおかげで乗り越え、6年間、最後まで頑張り抜くことができました。もちろん、医療人としての高度な専門知識やスキル、患者さんとのコミュニケーションなども、講義や実験・実習のなかでとことん磨けました。金城のスローガンである「強く、優しく。」を忘れず、患者さんに信頼していただける病院薬剤師でありたいです。

薬学部 薬学科 2018年3月卒業 小西 見佳さん 愛知県 成章高等学校出身
  1. TOP
  2. 資格・就職
  3. 先輩からのメッセージ