Q&A

金城学院大学のココが知りたい!

あなたの入試に関する疑問質問を、ここで解決!

一般入試(前期)は、「2科目型」と「3科目型」、「複数日評価型」がありますが、どれを受ければ良いの?

2科目を集中して勉強してきた人、得意科目が2科目あるという人には2科目型、
3科目以上の科目を勉強してきて、平均的に点数が取れるという方には、3科目型がオススメです。
さらに一般入試(前期)[2・3科目型]を複数日受験すると「プラス1判定」します!

一般入試(前期)は、3日間の入試日自由選択制が採用されていますので、科目型や学科を変えての複数回受験も可能です。 つまり、1回目は英語英米文化学科を2科目型で受験して、2回目は外国語コミュニケーション学科を3科目型で受験することが可能なんです。
そして、新たに設定された「複数日評価型」は、一般入試(前期)[2・3科目型]を複数日受験したうちの高得点2科目を合計し、もう1回合否判定。つまり2日間受験で3回判定、3日間受験した場合は4回判定しますから、合否判定の機会が増えて、合格のチャンスが拡大します(音楽芸術学科、薬学科は除く)。
入学検定料がお得になるネット出願や併願割引を上手に使って、自分に合ったチャンスを広げてください!

一般入試(前期)の「入試日自由選択制」って?

複数入試日から、受験生が自由に入試日を選べる制度です。

本学の一般入試(前期)は、入試日が3日間(薬学部は2日間)設けてありますので、1回の受験につき、その中から1日を選んで受験して頂くことができます。
つまり、入試日は3日間(薬学部は2日間)ありますので、最大3回(薬学部は2回)、受けることが可能です!

一般入試(前期)では、複数回受験ができますが、複数回受けた方が良いのでしょうか?

はい。1回よりは、2回受けられることをオススメします。

事実、1回目よりは2回目、2回目よりは3回目…の方が点数がアップする方が多いです。
何回も受けると、問題の傾向や会場に慣れて、落ち着いて受けられるのかもしれませんね。
あとは、自分のスケジュールや体調と相談してくださいね。

複数回受験した場合、合格発表を受けるのは1回だけなのでしょうか?

いいえ。受験した数だけ合格発表があります。

ですので、3回受けて、3回とも合格していれば、3回分の合格通知が届きます!

名古屋(金城学院大学)以外の場所で、試験は受けられますか?

はい。一般公募制推薦入試[適性検査型][小論文型]は、豊橋、岐阜、四日市でも受験できます。
また、一般入試(前期)の1月31日(水)・2月2日(金)は、浜松、岐阜、四日市、金沢にも試験会場を設けています(音楽芸術学科は除く)。

自宅から近い場所で、ゆとりを持って試験に臨んでくださいね。

センタープラス方式入試って何?

センター試験1科目と本学独自試験1科目の合計で判定する入試です。

一番の特徴は、センター試験と独自試験を同じ科目(得意科目)で受験できること(音楽芸術学科を除きます)。得意科目を使って、より高得点をめざしてください!
また、センター試験後も出願を受け付けていますので、センター試験の結果がわかってから出願することもできますし、センター試験に不安があっても、独自試験で挽回することもできますので、センター試験後でも、よく考えてから出願できますよ。

入試の日は、どんな服装が良いですか?

特別決まりがあるわけではありませんが、英文字や地図等がプリントされている上着は不可です(着用している場合には、脱いでいただくことがあります)。

推薦入試の場合は、制服で受験される方が多いですが、もちろん私服で来て頂いても大丈夫です。ただ、面接の時に、この服装で良かったかなぁと気になっていては、自分の力をしっかり発揮できませんよね。ですから、カジュアルな服装ではなく、きちんとした格好をしていた方がモチベーションも上がって、本領発揮できると思いますよ♪
また、一般入試の場合は、制服で来られる方と私服で来られる方は、半々くらいです。
試験会場は、できるだけ暖かくしていますが、人によっては寒く感じることもありますので、暖かい格好をしてきてくださいね。

  1. TOP
  2. 入試情報
  3. Q&A