大学院[文学研究科]

博士課程後期課程
外国人留学生入試

出願期間・試験日・試験会場・合否発表日
  出願期間 試験日/試験会場 合否発表日
秋期
郵送 締切日必着
2017年
926日(火)~103日(火)
※窓口受付(9:00~17:00)
2017年
1014日(土)
本学
2017年
1019日(木)
春期
郵送 締切日必着
2018年
130日(火)~26日(火)
※窓口受付(9:00~17:00)
2018年
217日(土)
本学
2018年
222日(木)

※郵送の場合は締切日必着のこと、窓口持参の場合は17:00まで(土曜日、日曜日は受付をしません)
※合否いずれの場合にも、本人に郵便で通知します。

募集人数
専攻 募集人数
国文学専攻 若干名
英文学専攻 若干名
社会学専攻 若干名
応募資格

次の1~3のいずれかに該当し、かつ4を満たす、日本語に堪能な女性

  1. 外国においてわが国の大学院修士課程に相当する正規の学校教育を修了し、修士相当の学位を得た者(2018年3月修了見込みの者を含む)
  2. 日本において外国人留学生として修士課程を修了した者(2018年3月修了見込みの者を含む)
  3. 本大学院において外国人留学生として修士を修了した者と同等以上の学力があると認められた者
  4. 入学時には在留資格が「留学」であること

※上記3に該当する者については、事前に個別審査を行いますので、入試広報部へ所定期日までに必要書類を提出すること。必要書類については、入学募集要項p.4を参照のこと。

出願書類
  1. 入学願書
  2. 志願者調書
  3. 受験票・写真票
  4. 出願資格の根拠となる出身大学院の修了(見込み)証明書
  5. 成績証明書
  6. 大学院入学後の研究計画を2,000字程度にまとめたもの

    <英文で書く場合は、1,000語程度(A4、ダブル・スペース)>

  7. 修士学位論文のコピー3部(オリジナルを含めてよい)
    ただし、修士論文が未完成の者、または作成しない者は、それに代わるものも可

    国文学専攻出願者の出願書類で、修士論文に代わり得るものとは次のとおり

    (1)修士論文の中間報告:400字詰原稿用紙20枚程度

    英文学専攻出身者の出願書類で、修士論文に代わり得るものとは次のとおり

    (1)修士論文の中間報告:400字詰原稿用紙20枚程度

    <英文で書く場合は、3,000語程度(A4、ダブル・スペース)>

    (2)修士課程のターム・ペーパー

    (3)修士取得後に作成した論文(印刷されたものに限る)

    社会学専攻出願者の出願書類で、修士論文に代わり得るものとは次のとおり

    (1)修士論文の中間報告:400字詰原稿用紙20枚程度

    (2)修士課程の研究計画結果報告書

    なお、修士取得後に印刷した論文がある場合には添付することができる

  8. 検定料35,000円

※パソコンによる文書作成の要領については、入学募集要項p.2を参照のこと。

試験科目
専攻 筆記試験 口述試験
[ 13:30~ ]
小論文
[ 9:30~10:30 ]
専門科目
[ 11:00~12:30 ]
国文学専攻 小論文(日本語による) 国文学、国語学、日本語教育(日本語による)の3科目から1科目選択 あり
[ 60分/100点 ] [ 90分/200点 ] [ 100点 ]
英文学専攻 小論文(日本語による) 英米文学、言語学の2科目から1科目選択 あり
[ 60分/100点 ] [ 90分/200点 ] [ 100点 ]
社会学専攻 小論文(日本語による) 社会学 あり
[ 60分/100点 ] [ 90分/200点 ] [ 100点 ]
  1. TOP
  2. 入試情報
  3. 入試方式
  4. 博士課程後期課程外国人留学生