行こう、世界へ。

語学が、未来を開く鍵となる。

SCROLLSCROLL


      英語が好き。海外で働きたい。
      世界中を観て歩きたい。

      金城学院大学には、
      思いのままに学べるフィールドがある。

      グローバルを極める将来に直結したプログラム。
      目的によって選べる多彩な留学制度。
      自分のペースで学べるレベル別学習。

      ここにある4年間の学びが、
      新しい扉を開く鍵です。

      国際的な教養と品位のある女性として、
      世界の舞台へ!

  • 英語英米文化学科
  • 外国語コミュニケーション学科
  • 国際情報学科

CHALLENGE

語学の力で、未来を拓け。


            国際会議に通訳として参加。きちんと役割を果たせたことが、大きな自信につながった。
            英語スペシャリスト養成プログラム

条件をクリアした学生だけが受講できる、
上級者向けのプログラム。


            日本語だって完璧じゃないんだ。教える立場になってみて、日本語の奥深さを知った。
            日本語教育プログラム

外国人に日本語を教える、“日本語教師”を目指す。


            目指すは、キャビンアテンダント。世界的な教養を身につけて、女性としても魅力ある人になりたい。
            エアラインプログラム

毎年多数の採用実績をもつ、
CA・グランドスタッフの育成プログラム。

TOEIC受験指導

半数以上の学生が200点スコアアップ。
TOEIC900点以上の学生もいます。

CHANCE

未体験の世界に、飛び込もう。


            留学先でのインターンシップは、語学力だけではなく人間力まで高めてくれた気がする。
            海外キャリアトレーニング

語学研修と現地のインターンシップを
兼ねた実践的な留学制度。


            “英語って楽しい”。自分が感じているこの気持ちを、子どもたちにも伝えたい。
            キッズイングリッシュプログラム

小学校英語指導者資格「J-SHINE」の
取得が可能です。


            名前しか知らなかった国が、授業の最後には好きな国に変わっていた。
            異文化体験ひろば

世界各国の在住外国人を招き、
母国の文化を語ってもらう授業。

JOURNEY

ありきたりな「留学」じゃ、もったいない。


            刺激的な留学生活。語学力を競うライバルは、様々な国からきた留学生たちだ。
            英語圏セメスター留学制度

成績優秀な学生20名程度が参加できる
中期留学プログラム。

  • KIT

    多彩なプログラムが選べる、
    体験型の海外研修制度。

  • EIC(英語教育)

    コミュニケーションの”道具”
    としての実用英語を学びます。

  • 留学サポート

    留学を意義深いものにするための、
    事前サポートも充実しています。


            大学に入ったら、絶対に留学しようと決めていました。
            文学部 英語英米文化学科 3年 河合恵さん

私は英語と芸術に興味があったため、芸術の盛んな都市に位置するロンドン大学ゴールドスミス校に留学しました。アートやデザインなどを学べる有名な大学であり、たくさんの刺激を受け、あらゆる部分において成長できたと思います。
エッセイの書き方を学び、留学中に多くのエッセイを書いたことでライティングにも自信を持てるようになりました。
留学というと費用の問題がありますが、要件を満たせば、返済不要の奨学金を受けるという方法もあります。
また、金城学院大学は留学プログラムが充実しているので、安心して留学先を選ぶことができますよ。

SELECT STUDY

グローバルを学ぶ多彩なカタチ。

英語英米文化学科

英語を集中的に学び、
英語のプロフェッショナルを目指す学科。

※小学校英語指導者資格

外国語コミュニケーション学科

英語と両立してもう1言語を学ぶ、
多言語学習を実践する学科。

国際情報学科

ビジネスの場で使える英語を、
レベル別で学習できる学科。


            刺激的な留学生活。語学力を競うライバルは、様々な国からきた留学生たちだ。
            英語圏セメスター留学制度

受験生の時、私は英語英米文化学科と外国語コミュニケーション学科のどちらを受験しようか迷いました。そこで選択したのが併願受験です。
私は併願受験を通じて、英語だけではなく中国語も学びたいという想いが固まり、外国語コミュニケーション学科への進学を決めました。
現在は、中国人の先生から生の中国語を学び、文法だけではなく、話す、聴く力も同時に伸ばしています。
受験のスタイルは人それぞれですが、悔いのない選択をして、自分が本当に学びたいことが全力で学べる環境を手に入れてください。